塾の個別指導と集団指導を上手に使い分けて成績アップ

塾の個別指導と集団指導を上手に使い分けて成績アップ

大手の塾であれば授業のスタイルが個別授業と集団授業に分かれていると思います。
またいずれかに特化した塾も存在します。
塾選び、授業選びの時に子供に合わせてスタイルを選んでいくことが実は成績アップのコツだったりします。

勿論どちらの形式でも成績が伸びる子もいますがお勉強が苦手という子は特に環境が大事だったりします。
個別授業がおすすめの子は自分のペースでコツコツお勉強に取り組める子、落ち着いて座っているのが苦手だったり注意力が散漫になりがちな子です。

自分のペースでできる子は集団授業でも自主的にちゃんと取り組みますが、授業のペースが遅かったりレベルが低いと飽きてしまったり時間を持て余してしまいます。
同じ1時間勉強するのであれば自分のレベルにあった問題でどんどんステップアップしていった方がモチベーションもあがり実りのある時間にできます。

また落ち着いて授業を受けられない子や集中できない子は先生がマンツーマンで付き合ってあげた方が良いです。
集団の授業だと先生は1人にかかりきりにできず、授業もどんどん進んでいってしまいます。

ぼーっと座ったまま授業時間が過ぎていってしまうこともあります。
しかし個別の授業であれば先生がうまくかまってあげたりするうちに集中できる時間が増えていきます。

逆に集団授業の方が向いている子はスケジュールを決めてもらった方が勉強に取り組める子です。
決まったペースで同じ環境で授業を受けることでしっかりと基礎力が身についていきます。

子供にあったスタイルを上手に選べば塾の時間が二倍にも三倍にもなっていきます。